千代町かいわい散歩

軽く歩いてみるとこの地には繁栄著しい頃の別府の面影が残されています。吉田鉄郎設計の逓信省電報電話局(現:別府市児童館)、長寿みそ(坂本長平商店)、別府カトリック教会、友永パン屋、紙屋温泉..etc 色々とございますがマイナーで気ままなショットを御覧頂きます。b0026461_2113899.jpgb0026461_2105627.jpg
b0026461_14101587.jpg左:長寿みその黒塀から旧国道、児童館をみる。中央:別府市児童館の中庭より(画像奥に長寿みそが見える)右:長寿みそ(坂本長平商店)内部のガラス影文字。

まずはカ○ノ歯科 幼年時代には苦しめられました(笑)注射が死ぬほど痛くて怖かった。。
治療の後はご褒美にグリコアーモンドチョコレートだったのです(なんのこっちゃない?笑)b0026461_2115323.jpg
b0026461_2124258.jpg

その隣には自転車の荷台にアイスキャンディーの箱載せてチリンチリンとやってくる栄屋さんがあります。この裏には昔旅館?だったみたいなツインの棟をを持つ日本家屋が鎮座しています。b0026461_213070.jpg



で、もひとつ。。ここんちは昔お医者さんだったようです。方形屋根は瓦共々オリジナルですが壁面はトタンで覆われいています。。しかし玄関の風情は残っていますね。b0026461_2132462.jpg

少し流川方面に足を向けると喫茶「プリンス」があります。ここは半地下一階、地上3階(多分3階部分はスキップフロア?)の建物で当時の若者はここでデートやお茶することが超ステイタスだったらしいです。1階フロアは広くダンスホールになっていたと思われます。。奥には庭があり椰子の木。。いやフェニックス(笑)と噴水や池などがありゴージャスです。b0026461_21163422.jpg以上は中浜筋商店街に面した建物たちです。

そしてここの通りには竹久夢二と2番目の愛人「彦乃」の失恋の場所もあるのでした。b0026461_2135927.jpg
この界隈の道路は明治時代に碁盤の目状に都市計画がなされたまま現在に至っていますので左画像のように海から山まで一直線です。路地裏温泉も多く点在しますが特に有名なのが「紙屋温泉」、昭和初期には温泉を樽に詰めて薬として関西に出荷していました。
[PR]
# by byrdland461 | 2006-11-16 20:48 | 千代町:chiyomachi

ラクテンチ下の駅周辺散策

またまた随分とサボッてしまいましたスミマセン ペコリ。。
では。。え~流川の突き当たりに別府屈指の遊園地チンテクラ...いや「ラクテンチ」があります(笑)学生時代にはデートでお世話になりましたが散々な目に合いました。。しかし懐かしい思い出でもあります...おっと反れてきた(爆)子供の頃はその手前に温泉プールがありましたが今は空き地になっています。ちとラクテンチの歴史のお勉強をば。。
b0026461_21581583.jpg
b0026461_21582799.jpg
温泉の高熱噴気の下から金が出たのが現在のラクテンチがある山であります。
日本の産金王「木村久太郎」が乙原の山に金が出ると狙いをつけ、「別府鉱山」と名付けて金山経営に乗リ出したのは明治36年のことでした。その後、温泉の噴気に悩まされ大正5年には操業を中止しましたが木村はこの金山をあきらめきれず、大正12年に採鉱技師「山崎権市」を派遣して再開を計ったのですが、地域住民の温泉脈に悪影響が出始めたとの理由でついに閉山とあいなりました。

しかし山崎は、そこで眺望絶景の地の利を生かして、遊園地建設として再生の活路を登山電車(ケーブルカー)に求めましたがが山上までの傾斜は三〇度という急坂!この坂につるべ式の客車を上、下駅から同時に発車させ、途中で離合させる技術をスイスから導入したのでした。b0026461_21583746.jpgb0026461_21585418.jpg
スイスのギゼラインベルン社のE・リーゼン技師が来別してその指導にあたり、ケーブルカーが完成したのは昭和4年のこと、そしてラクテンチ開園の年でした。上の駅のケーブルカーハウスは一見の価値あり昭和4年当時のモーターや配線が稼働しています。そのメカニカルが美しいです。
b0026461_2159691.jpg
b0026461_21592810.jpg


この周辺は面白いものが割りとあるのです。イングランド民家風に改造された建物や風見鶏付き屋根、純然たる日本家屋に高級旅館「べっぷ昭和園」、ナンバー付きで草むらに埋まっている赤いアウディー(あっ関係ないか..笑)

それに別府の水源「乙原川」に路地、その脇はラクテンチにタダで入れる秘密の山岳ルート(ヤバ!)この途中に461ブログ内 (2004年09月16日号) の「ラクテンチ山中に潜む噂の貯水池発見!」があります。金鉱掘削穴跡も、謎の修行僧の小屋も。。登り付いた所にはピンクの変○おまわりさん「フィリップ」が出迎えてくれます。(下りはお気をつけてね~ってな感じでしょうか..笑)b0026461_920195.jpgb0026461_21584685.jpg

ラクテンチ下の駅手前の横の道の北側延長線上にはとうとう取り壊しになる中山別荘と怪獣のような工場のエントツのような見苦しいビー○ン○ワーが聳えます。これがないときは松林越しの黄昏が楽しめた静寂な住宅地でした。巨大建築物は地域に対して細心の注意を払わなければなりませんね。
[PR]
# by byrdland461 | 2006-10-25 22:03 | 原町:haramachi

8/6はビーベップジャズイン2006!

b0026461_12301541.jpg今年もやってきました。 スイングジャーナル誌にも8月ジャズイベントで掲載されている「ビーベップジャズイン2006」...昭和25年07月18日制定の「別府国際観光温泉文化都市」の文化の一翼を担います。日本一芝生面積が多い別府公園で夏を楽しんで下さい!夕暮れ時はビール片手にサイコ~ですよ。
今回は世界の穐吉敏子さんがソロ出演いたします。(旦那のルータバキンさんは来ませんが。。)
そしてお酒好きには朗報。。三和酒類本社よりイイチコカクテル、ワインバーもでますよ~。。
皆さんご友人、カップル、ご家族・・・お誘い併せの上お越しくださいませ。ジャズインの後は温泉でドップリコンといきましょう!(笑)
8月6日(日曜日)12:00開演~21:00終演の長丁場です。傘や日焼け止め、温泉道具(帰宅時に使用?)は必須アイテムです。
◆前売り: 一般 3,000円 学生(大学・専門学校)2,000円
◆当 日: 一般 3,500円 学生(大学・専門学校)2,500円
◆すみません。今年は穐吉敏子出演の為通年よりチケットが1000円高くなってしまいました。
* 但し、高校生以下無料
* 学生チケットについてはチケット購入・会場入場時に学生証の提示をお願いします。また高校生は無料となりますが入場時に学生証の提示をお願いします。
チケット購入は直接、僕に連絡してくれてもOKです(お名前予約で当日ゲートで確認できれば前売り価格で販売できるようにします。ヒソヒソ)下記hpからも販売店のご紹介があります。
ローソンでも購入できるようになっています。http://www.be-beppu.com/
[PR]
# by byrdland461 | 2006-07-22 12:24 | 野口原:noguchibaru

桜と温泉祭りの思い出

僕が幼年のころ、まずは四の湯公園で遊んでショートカットコースで、おねえちゃんにいつも散歩に連れて行ってもらった場所がこの通称「水源地」です。b0026461_1323562.jpg別府の町並み景観や高崎山も一望できる亀川は板山のほぼ頂上にあります。
おやつのガムについていたオマケシール(擦るタイプ)を家の下壁一面に貼り少年の一大コレクトアートが完成されていたのもこの頃。。。確か中学の頃家を改装するときに壁板ごとキレイに取り外し保管してたのだが今となっては忘却の彼方。。シールは物凄い数量だったのに~....ウ~~ム時の立つのは早いけどこの場所に来るとタイムスリップしてしまうのです。
b0026461_13241442.jpg
当時は門だけで施錠なし 誰でもピクニック気分を味わえたもんです。花見の時期は満員御礼状態。。市民の夜桜のメッカとしてとても有名な場所でございましたが最近はクローズされており何となく「桜の真空地帯」な感じになっているのです。大変惜しい事です。。
b0026461_1324431.jpg

お話変わり温泉祭り湯巡りでのお話!実は地元の上人本町にある「望潮温泉」は今だ入湯した事がなく温泉祭りのときに入ろうと思ったのですが、じい様に「これから掃除じゃ」といわれ断念しました(泣)庶民的閑静さ漂う場所に昭和9年当時の面影が色濃く残る味わい深い温泉です。当時はここから海が見えていたそうです。b0026461_13245616.jpg


さてもう一つの温泉館の紹介です。以前から(数年まえから。。)狙っていた鶴見の「市の原温泉」に見事入湯です。坂道沿いにあり古墳遺跡エリアと隣接しています。b0026461_13314441.jpgb0026461_13254018.jpg
ここは外見はすごいレトロです看板も気合が入っていますし建築物も面白い。。ある部位はコルビジェの「ラ・トゥレットの修道院」っぽかったりするのですが(うっ無理があるか。。笑)別府石の基礎が風情を盛り立てます。

湯に浸かりながら地元のおじいちゃんとお話してみたところ戦後、とある小学校校舎の廃材で組み上げたそうです。b0026461_13261179.jpgよ~く見ると間柱や柱の接合細工が変なところに残っていたりしています。b0026461_13302568.jpg浴槽はかなり古くこのブログでも一番最初に紹介した「○○温泉」との符号性が随所に見受けられました。b0026461_13262652.jpgう~~ん温泉って丸ごとホットにイイもんですね~(笑)

ただ、ここんちは玄関戸が「コンパネ」で閉めきっッたままなんですね。。で、ず~っと閉鎖中かなと思っていましたが、実はうまい具合に左右にスライドする両引き戸でした。
[PR]
# by byrdland461 | 2006-05-06 13:31 | 亀川:kamegawa

号外!OBS カボスタイム#2

亀ロケ第二弾 4月8日にオンエアーです。この日は前回より寒かったですがロケの合間の野外昼食時のショットです。ここは高橋亀カメ代表が開墾した山中?で結構なポカポカ具合で見晴らし良かったです....会長の独走?で一同迷い、下山途中ではカメラマン、AD共にコケました。。(笑)
b0026461_1146149.jpgb0026461_18571928.jpg
村津アナの実家は別府の老舗「東京一うどん」で~す。しっかり宣伝してくれとのことで。。(笑)
自然素材に気を配りとても美味しいので皆さん食べに行ってね!しかし某女子アナをキレさせた話がサイテ~で印象深かったです(笑)

さてリンダさんのほうは相変わらずのノリノリでしたとだけ言っておきましょう(爆)やっぱ電池は10年なのか(笑)b0026461_10321155.jpg
永田ディレクターのアドリブ収録はスタッフの皆様にもウケていておもしろかったですがTVの裏側が見れて勉強になりました。お疲れ様でした。...デモ、ムラツサンハタイヘンデシタネ.スジユ ツキオトシケイカクハカンリョウシマシタ ガッショウ~(-:    筋湯の待合所?で計画成功記念のショット ヒヒ→
[PR]
# by byrdland461 | 2006-03-30 11:50 | 亀川:kamegawa

号外!OBS カボスタイム#1

b0026461_191850.jpg3月25日、OBSカボスタイムにて亀川散策がオンエアーされます(-:亀カメクラブの高橋さんと私めがガイドで出演します。で何故こういうことを告知するかといいますと、なんと例の温泉館を潜入紹介しましたよ~ってことでして。。もちろん了解済み。。梅の花と山中の竹が見事にマッチして大変美しい温泉館でした。あ~入りて~(笑) あっ、からつやさんの名物、美味しい~ちらし寿司も出ますぞ。

同行したOBSアナウンサーのホープ、村津さんは以外に大人しい方でしたがアナウンサーの迫力たるは圧巻!別府の某有名うどん屋さんのご子息とか。。

でもってリンダさんはTVで見る以上に圧倒されるノリで、さすがは芸能人!2代目ゴールデンハーフのメンバーでカックラキン大放送に出演していた「あの人」なのですから。。(わかる?笑)
それとディレクターの永田さんにスタッフの皆様大変お疲れ様でした(テレビカメラはさぞかし重たかったでしょうに。。)いやいや、とにかくよく歩き、私め気がつくとマジに疲れていました(笑)
[PR]
# by byrdland461 | 2006-03-18 11:38 | 亀川:kamegawa

朝見温泉跡

この別府石でできた池状の組積物は民家に囲まれた中庭状になっている場所にあります。階段があり地盤面下に湯船があったのでしょう。良く見ると水中に浴槽の縁が確認されます。b0026461_1734157.jpg
b0026461_1735524.jpg
b0026461_1741092.jpg
そして水がとても澄んでいるのです。その証拠に隣に続く大きな排水路(ドブ?笑)用水路?小川?(じゃないだろ)..いやいやここ全体が昔は朝見温泉だったのでは?(..んなわけないか)...う~~ん・・今は鯉が泳いでいたりするのです。釣堀か?くどいぞ!(笑)b0026461_174252.jpg
b0026461_1743034.jpg
b0026461_1743623.jpg
この界隈の住宅はとても古いものが多く残っており周辺全体が公園計画でもされたのかのごとく整備されていて、粋な階段などもあったりするのです(感激)
この近辺の路地裏を歩くと、きつねのお面なんかをつけた着物姿の女の子がひょっこり出てきそうな感じすらありなんか妖しいエリアなのです。

このエリアの山の手側には昔はサナトリウム(鳥潟保養院)がありましたが今でもその門柱が残っています。ここは水も空気も澄んでいたのでしょうね。  右の画像は関係ありません。しかし、この界隈にはこのような面白い物が多いのですね。朝見病院のドイツ壁も素晴らしい!
[PR]
# by byrdland461 | 2006-03-01 17:19 | 朝見:asami

Vino!

b0026461_20173542.jpg飲みながらで、すみません(-: 別府や温泉には関係ないお話ですが久々に気に入ったワインが見つかったのです。←気軽に買える値段での。。その名は「PEPPOLI」(ペッポリ) イタリアは "フィレンツェ イン サン・カッシャーノ"とバックラベルに表記してありますが、トスカーナ州はキャンティー地方のワイン会社「アンティノーリ」の製品だというこで ジャ~~ン 一応D.O.C.G WINEでした。まあ、兎にも角にも一度お試しあれ(な~んだ美味いはず・・ブドウの品種はサンジョヴェーゼらしいです。フフ。。偉そうにしてはいますが、別に通ではありません。笑)
でもって手前の巨大シュークリームは上人の大学通りのとあるお店のもの。。。ざらつき目のカスタードクリームがこぼれるボリューム。。でかけりゃいいってもんじゃないんですけど(笑)
後ろの写真は我が心の師匠「John-Lennon」です。。昨日、仕事がてら福岡は天神・三越の「ジョン・レノン in New York City ボブ・グルーエン写真展」に行って参りました。ラブ アンド ピース 不滅なリ!
PS:撮影場所は我がアトリエの打合せ室でございます。怪しいところではございません(笑)

[PR]
# by byrdland461 | 2006-01-26 20:19 | 四の湯:shinoyu

おっ!路地裏の傾いた家

皆様本年もよろしくお願いします!
とある路地裏に気になる家屋があるのです。それは傾いています。。そして見事なリズムを保っています(笑) ここはどこか分かるあなたは別府通です。さてどこでしょうか?それと、この巨大な揚げパンはどこで食することができるんでしょうか?b0026461_14282944.jpg
b0026461_1453112.jpg
12月のオンパクB級グルメplus温泉ツアー時のひとコマでした。彼女達は紙屋温泉、たらふく食べた後に竹瓦温泉に入湯しました。大丈夫だったのかな?


元町、北浜界隈には不思議なタイムスリップスペースがたくさんありますね。時間帯をずらせるとまた違う情感が湧いてきます。実はこの家の向かいにボックス状の怪しいとっても小さな建物があります。。温泉館でしょうか、一体なんでしょうかね~ウ~~ム
[PR]
# by byrdland461 | 2006-01-07 14:28 | 北浜:kitahama

ディス イズ ザ 温泉茶室.

亀川某所にひっそりと佇む離れの小ぶりの温泉館。歴史は明治時代にまで遡る。b0026461_19143252.jpg
現在のオーナーの説明によるとここは旧グンゼの保養所だったそうな。木々が色づき杉皮の外壁はノスタルジーをそそる。地階の温泉場には手の込んだ造りの湯殿が鎮座している。
この「温泉茶室」とでも形容したくなる雰囲気にうっとり。。ただただ我を忘れる。b0026461_19141250.jpg
b0026461_19142111.jpg

notice:現オーナー夫婦は静かに暮らしていますので場所が分かったとしても今後の為不用意なアタックはお慎みくださいませ。「今後の為」の意味は分かりますよね(-:
[PR]
# by byrdland461 | 2005-12-24 19:16 | 亀川:kamegawa

極寒!鍋山露天ドロ湯

12月17日(土曜日)極寒の鍋山露天ドロ湯を体験いたしました。参加者の皆様はとてもハッスルしておりますが僕は少々不安。。以前に比べて道が格段に良くなっています。雪の中、足跡を残しながら期待に胸膨らませて登る参加者だったのです。
b0026461_21575156.jpg女性陣は下のオリジナルの並湯にお先に浸かりましたが男性陣はそのもっと上の奥の方に渋々と(笑)b0026461_21583378.jpg
b0026461_222131.jpg

服を脱いだらそこは地獄。足元にお○たに気をつけて湯船に突進!滑ったら丸出しで血だらけになるよ~(笑)b0026461_21585365.jpg

傘を脱衣置きに!グーなアイデアにシビレました。b0026461_2159919.jpg

扇山を背に浸かった参加者ご満悦。オレンジ隊員マッパでブルブル!(爆、ごめん笑)温泉博士も一緒に入湯でございます。b0026461_2203513.jpg
b0026461_21592532.jpg
そして僕は大風邪をひきまして今週はズタズタです(笑)
[PR]
# by byrdland461 | 2005-12-22 22:03 | 明礬:myouban

裏泉家2005冬の号その2

b0026461_22122381.jpgb0026461_22125268.jpg2005年12月3日(土曜日)からつやさんを後にして蕩耶泉界隈へ突入でございます。ここからオマケ!
すでに名人の数人は居なくなっていますが、ささっと路地裏へご案内。まずは寺路地沿いの門隣の湯。。多分今は閉館にて交渉不可でしょう。ちょい坂上ると地盤面下に風情溢れる「寺の湯」が出現!その中には切り出し石の浴槽があるんです。


b0026461_22142862.jpg
b0026461_22132719.jpg路地を歩いて超高温の筋湯の泉源!当時の小学生たちはここが家路の分岐点となっていました。。亀川小学校下校時、素直に帰宅するものは左(筋湯方面:下の画像上方)寄り道、探検で遊び呆けるやつは右(お寺方面:下の画像右方)当然byrdland少年は分岐点で思案しなくとも○○に直行!(笑)...ちなみに下の画像左方は帆足家~蕩耶泉界隈を抜けて亀川小学校へと一本道で繋がっているのです。      
Do you choose the left or right?
b0026461_2215181.jpg

b0026461_2216950.jpgb0026461_2219728.jpg路地の向こうは旧国道沿いにある筋湯!あちち湯で以前は万病に効くプレミアムな白濁湯が人気で入湯客に重宝がられていました。深夜にしか涌かなかったと言われていますが今はどうなのか?路地裏もどって一宮医院跡地にため息を付きながら千人風呂「亀陽泉」泉源横目に帆足家の長いスパンの別府石塀を眺めるつつ蕩耶泉界隈へ進入していく一行であった。


b0026461_22184526.jpgb0026461_22203958.jpgb0026461_23252195.jpgb0026461_22211257.jpg山沿いに北風の通りのよい道路は昔の僕の亀川小学校通学路!とにかく風が強力なんです。ここ蕩耶泉エリアは光タクシー別府保養所の温泉館隣の吼えるワンちゃんが寝ている泉源を持つ家など各土地に一つは泉源が配置されています。素晴らしいことです。普通は一つの泉源から複数のラインで各家庭に給湯しています。まだ別府に温泉法がなかった頃のことでしょうか?あっ当然全て自噴です。

b0026461_22213872.jpgb0026461_22222740.jpgb0026461_22244791.jpgb0026461_22242958.jpgそして蕩耶泉のシンボリック温泉タワーがあります。その横には亀川ジャングル温泉があるのです。ここは当時の学童たちの暖を取る場所でもあったんです。この辺は家の庭先に自噴している泉源が沢山あります。住宅(敷地内)の奥に開けっ放しなお風呂を見学して(強気な僕)帰ろうとすると隣の家の奥様がじぶんちの自家泉も披露してくれるとのこと一同歓喜の声!

b0026461_2223599.jpgb0026461_2227840.jpgここはとてもかわいい小さな自家泉ですがブロックの積み方にも感心しましたここから局長の湯の前を通り藤井石油に帰り秘境温泉探検隊を結成し隊員たちは一同に車に乗り込むのでした。。一部の名人は厚かましくも入江温泉にアタックしに行きました(入湯成功!)さて秘境温泉は僕の写真で今日新聞に掲載され一部の市民には公表されましたが場所はわからんでしょう(笑)


b0026461_22341219.jpgb0026461_22262686.jpg軽トラ荷台で微笑みを浮かべながら密かにリベンジを決意する隊員(笑)。両手を挙げて感情を表現する隊員や足湯で寛ぐ隊員たちが確かに2005年12月3日(土曜日)山中にいました。調査活動は継続です。
[PR]
# by byrdland461 | 2005-12-17 22:37 | 亀川:kamegawa