<   2004年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

白雲山荘

旧白雲山荘の正門です。別府石で造られた門や塀やはボリュームがあり圧巻です(りっぱな石造屋号表札も組み込まれていますね)
b0026461_1095480.jpgb0026461_1010410.jpg










門棟には下方より露出配線の跡がありますので門扉に照明の仕掛けがあったのかな?門棟上部には後施工でモルタルを乗せており配線をつっ込んでいる跡がありますので何らかの照明があったのでしょう。
[PR]
by byrdland461 | 2004-09-23 10:18 | 観海寺:kankaizi

誰も知らない。

鉄分の非常に多いお湯です。はっきり申しまして浴槽は茶色に染まっています。
大体1m角のち~さなベリーキュートなお風呂なのです。
昔の別府の豪商「たばこや」の欄間を譲り受けています。
b0026461_23452943.jpg
b0026461_23455395.jpg

 





                    
[PR]
by byrdland461 | 2004-09-21 23:55 | 秋葉:akiba

秋葉神社今昔

浜脇・秋葉神社は以前は浜脇中学校の隣(丘の上)にありましたが明治44年線路工事の為(線路が参道に干渉するため)の左画像の位置に降ろされました。そして今度は右画像の旧国道挟んで斜向かいの位置にまた降ろされました。(石段付き草地が旧秋葉神社跡地)
b0026461_21465889.jpgb0026461_21471166.jpg










土地ごと移設(石階段や擁壁など)かと思いきや本体だけの丸々の作り直し(サイズもデザインも違う)でした。3度も動かしてバチがあたりそぉ~おっ向きも180度違うぞ。
[PR]
by byrdland461 | 2004-09-21 21:49 | 浜脇:hamawaki

当時の面影

別府中央公民館の会場3階席(当時は大講堂2階席)の当時のままの木製可動イスです。
これがまた小さなサイズでメランコリックな風情を醸していますが、おしりが抜けない・・・入らない人もいるかもね。b0026461_859065.jpg
b0026461_8592421.jpg


昭和17年6月7日、空襲警報サイレンの採納式が行われましたが今はひっそりと別府中央公民館駐車場横の林内に佇んでいます。

平成元年、50年ぶりに屋上から撤去されここに移されました。戦後も正午時報などに使用されていたそうです。
[PR]
by byrdland461 | 2004-09-19 23:48 | 田の湯:tanoyu

「月夜と星」

昭和3年竣工、別府中央公民館(旧別府市公会堂)のステンドグラスです。
設計者の吉田鉄郎氏がデザインしました。他にも星型、その他の照明器具デザインもされています。b0026461_2310334.jpg
b0026461_23124589.jpg













彼は夜空への憧れがあるのか屋上階への階段室天井にも星のコテ絵をデザインしていますね。
[PR]
by byrdland461 | 2004-09-19 23:17 | 田の湯:tanoyu

元祖棚湯を発見!

杉の井地熱発電所です。クーリングタワーから温泉を散布して温水を冷やしているのですが、これは電力を生むタービンに地中の圧力や温度の高い温泉噴気ガスを吹き付けて稼動させるために、なるべく冷ました温度の低い温水をミクスチャーすることによりタービンの作動効率よくさせるためだそう。。
そうする事により高い電力が生まれるのだそうです。見学がてらに講義を受けて参りました。レース車で言えばオイルクラーシステムでありエンジンの性能を上げるみたいな。。この放水タワー群はクーリングシステムの予備設備であり親玉の「クーリングタワー」は発電所裏山中に怪獣のごとく佇んでいました。。エッヘンb0026461_16574872.jpg
b0026461_16583844.jpg










なぜ元祖棚湯なのか、それは棚田型に温泉池が配置され、そのリズムが川にまで及んでいるからなのです。パレスの棚湯は参考にしてるんじゃないかな?いい湯加減だったので、さぞかし良い温泉場になるのではとお聞きしましたところ、ちゃっかり入浴しにくるオバカもいるそうです。まさかの「秘湯」ですが一番下の棚湯エリアは侵食されて深く危険なので入んない方が懸命です。良識者の方々は見学のみにしておきましょう。
b0026461_173279.jpg
ところで職員用のクールな露天ブロもあるのです。浴槽こそFRP製ですが結構歴史があるとのことでした。照明付きはさすがっ!
b0026461_1731729.jpg

[PR]
by byrdland461 | 2004-09-18 17:21 | 観海寺:kankaizi

田の湯館

大正2年に竣工、日豊線工事期に現場(小屋)用別荘(幹部以上の宿泊施設やゲストハウス用)として建てられたもので昭和19年には陸軍病院として接収されていました。
現在は民宿として営業していますが道路拡張問題で心を痛めている別府の歴史的建造物のひとつです。
b0026461_1442865.jpg

以前はビリヤード場にもなっていたのでしょうか・・・その様に紹介されていますが、この画像を良く見ると現在の正門がありませんね、土地を買われて現在の南側の建物を増築されたのでしょうね(手前に材料や工事道具が写っています)もっとよく見ると屋根部天辺には展望台がつき玄関入り下屋上部には手すりが付きデッキとして利用されていたんでしょうね。今でも展望台は残っていますが利用できないそうです。
b0026461_14184094.jpg
向かって右側にある建物は温泉館です。現在でもほぼ当時のままの状態で入湯できます。
[PR]
by byrdland461 | 2004-09-18 14:18 | 田の湯:tanoyu

旧亀川小学校正門跡発見!

旧亀川小学校正門跡発見!ったってwakabaさんに教えてもらったスポットです。
場所は亀川駅近くの農協裏手、浜田の旧国道沿いにあります。
b0026461_12303573.jpg

明治39年5月28日に新校舎落成式を挙行とありますがその頃の正門跡でしょうか?
b0026461_12311193.jpg
この近所にある別府石で作られた勝手口です。開口高さは1m40cmぐらいなのです。面白いね(-:
[PR]
by byrdland461 | 2004-09-18 12:36 | 亀川:kamegawa

地獄のバスツアー

来月のオンパクではカットされましたが以前は「地獄のバスツアー」と銘打って人気のあったエコツアーの一つでした。塚原の伽藍岳付近の火口?地獄は物凄いパワー!ドロエステの材料が豊富で参加者の皆さんは手に塗って遊んでいました。帰りは露天風呂に入って極楽気分に浸れる半日トリップです。
b0026461_1293266.jpg

[PR]
by byrdland461 | 2004-09-18 12:10 | 塚原:tsukahara

ラクテンチ裏山中の滝

乙原の滝です。実は兄弟滝でして、この画像左手側にもう一つあります。(それが兄滝)
近寄るとマイナスイオンの応酬ですのでストレス解消、健康、そして美容に効果てき面ですね。結構冷たい水ですよ。このコースは昔からハイキングコースとしても有名だったらしく終点は志高湖だそうです。実は僕はまだ走破したことがないのです。
b0026461_03846.jpg

乙原の滝へ行く途中に高速道路の下をくぐり抜けますが見上げるとホレごらんのとおり、アートしてるっしょ!山は自分たちのドテッ腹に人間の都合で穴が開くなんて想像していなかっただろうにね。
b0026461_044794.jpg

説明看板です。興味のある人は拡大して読んでみてね。
b0026461_13561738.jpg

[PR]
by byrdland461 | 2004-09-18 00:12 | 乙原:otobaru