2008 springtime 「志高湖と乙原の滝を巡る冒険!オールドタイム・トレッキング」

2008年春のオンパク トレッキングシリーズ第3弾「志高湖と乙原の滝を巡る冒険!オールドタイム・トレッキング」が5月21日に開催されました。b0026461_18284855.jpgb0026461_18285632.jpg
今回の天候も二重丸!前回参加者の方々もチラホラで里山探検同好会みたいです(笑)。湯布院方面のバス乗り場に並び午前中一本のみのレア便を待ちます。お弁当は現地にて支給です。車内では参加者の顔つきが見る見る「童顔」に変わっていき何だか怪しい探検気分は徐々に高まります。
b0026461_18291276.jpgb0026461_18292189.jpg
志高湖に到着するとお弁当車はすでに到着していました。隊員たち(参加者)の配給(笑)も終りグランドにてストレッチです。隣の白鳥の赤ちゃんは少し成長していました。志高湖湖畔を逆周りでハイクですが、今日の鶴見岳は最高にクリアーです。
b0026461_18293569.jpgb0026461_18294682.jpg白龍神社の前を通過して営林署への丘を上がりグランドへと一周いたしました。アタック前のトイレ休憩、です。その間グランドで仰向けに倒れていた?隊員を発見!ギョッとして声をかけましたが気持ちが良くなったので寝ていたそうです(もう…頼みますよ~〇〇記者~しかし服装はバッチリ!笑)。それほど気持ちのいい初夏、そよ風、木々に囲まれた湖ですね。
b0026461_1830031.jpgb0026461_18301228.jpg
駐車場裏の林道入り口からいざアタック開始です。木漏れ日の中、野鳥の囀りが木霊してタイムスリップしそうになります。山道をのどかに歩いていると、とてもシンプルな気持ちになるのです。そうこうするうちに登りは終りです。
b0026461_18303072.jpgb0026461_18304433.jpg
林道のルート看板がありこれからの道のりを確認すると一同から「エエ~~」と押し殺したような。。ため息?「いやいや…あとは下りです。」と説明しておきましたが途中からインディー・ジョーンズ「魔境の伝説」ばり険しい道になるのです・・・ヒヒ(笑)。

道中はマウンテン・バイクのマーキング(イタズラ)や、枝に引っかかる謎パン(笑)、ダムなど発見しながら下っていきます。さて、下見の時に迷った行き止まりの空き地?でお弁当です。ここは三方が険しい崖なのです。滝の音も木霊して聞こえますし別府湾も少し見えます。
b0026461_18311972.jpgb0026461_18595727.jpg

下見の時はここで途方に暮れた場所でもあるのでした。そう、道がない!どこにもない!行き止まりが崖だったのです。しかし、そこは元ワ〇ゲ〇部、感を頼りに無事ルートを発見したのでした。山中独りで(笑)、青空の下、滝の音や野鳥の声を聞きながらのお食事タイム、最高の癒し効果に包まれた至福のひと時でした。

b0026461_18313827.jpgb0026461_1921017.jpg
秘密のわき道を降りて旧トレックコースに分け入っていきますがブッシュ地帯のごときルートです。道幅も狭く反対側は急斜面です。深く入っていくと左に峰道があり寄り道をしてみると謎の地蔵塚がありました。修行僧の場でもあったのでしょうか?さてひたすら下っていくと乙原の滝に到着いたしました。
b0026461_18322061.jpgb0026461_18323831.jpg
そこには今回参加出来なかった人達が自分たちで滝を鑑賞していましたその姿を見ると予約制度も考え直さなければならないなと実感しました(便数を増やすとか。。) それにしても凄まじいマイナス・イオンです。自然の力はすごいですね。落水の風が極めの細かいイオン水スプレーとなり全身を包み込んでいきます。
b0026461_18331049.jpgb0026461_18325745.jpg
一同、乙原の滝を鑑賞し、お菓子タイムを終えてから、今度はブルーの湯(いちのいで会館)を目指してラクテンチへと下山して行きます。畑や山道を通り、無事いちのいで会館に到着、一同「景観の湯」で大満足、疲れが癒されます。只今男女交代制で30分おきです。
ブループ-ルの中ではロンドンからお越しのソロツーリストのロバートさん(Mr Robert)と建築やバイクや車のお話(TriumphやMG)で盛り上がりました。
b0026461_18332986.jpgb0026461_18334215.jpgあちらでは「マツダ・ミアータ(ユーノス)」が人気みたいですね。彼は3色持っているとか?語っていました(お金持ち?)。
風呂上りはお座敷では色々な感想を参加者たちが語ってくれました。中には夫婦でこのルートを探したが山中迷ってしまい今回がリベンジだったが達成できてうれしかったとか、よくぞ、こんなルートを探し当てましたな~とか。。参加者の満足気な表情に「やはり、シリーズ化するか?」とかまた無謀な企画が沸々と。。(笑)
b0026461_18343235.jpgb0026461_183442100.jpg
帰り道の途中、希望者はポイント、ポイントで解散となりました。旧陸軍病院跡地を抜けて別府駅へと無事到着して今日のコースは終了いたしました。志高湖から別府駅までの「徒歩の旅 #3」でした。それにしても各参加者が一番の感動・達成感を得たのではないでしょうか?complimenti! 秋に、またお会いしましょう。
[PR]
by byrdland461 | 2008-05-24 18:35 | オンパク:温泉泊覧会


<< 2008 autumn 「別府... 2008 springtime... >>